入院のご案内 外来・訪問のご案内 サービス体制 病院概要 フロアのご案内
HOMEサービス体制 > チームアプローチ

チームアプローチ

私たちはチームで取り組んでいます。

これまでの病院の組織はいわゆる「たて割り」で、診療部・看護部・リハビリテーション部・事務部といった専門職種で区分けされていました。しかし、近年、病棟における多職種でのチームアプローチの重要性が強調され、専門職種間の横の連携強化が必要となってきました。
そこで当院では、病棟というケア現場を中心としたチームマネジャー制を新たに導入、徹底したチームアプローチの推進を図っています。

■マトリックス組織について

チームマネジャー制の考え方の基本になったのは、いわゆる「マトリックス組織」というものです。
「マトリックス組織」について簡単に説明します。
 全ての専門職が最大かつ最高の実践力を発揮しても、それぞれが分離し連携されなかったら、その結果は決して十分なものとはいえず、むしろ逆効果になってしまう場合もあります。
当院では、チームアプローチの機能を十分に発揮するために、水平方向ではチームマネジャーの管理下で全職種が共通の目標を持って、一つのチームとして活動します。

さらに併行して、垂直方向では教育研修部の部門チーフ(補佐)が専門職としての質の維持向上のための活動を行っています。このような双方向の管理運営体制を「マトリックス組織」と呼んでいます。

 
教育研修部
看護師・
介護福祉士
(Ns・CW)
理学療法士
(PT)
作業療法士
(OT)
言語聴覚士
(ST)
ソーシャル
ワーカー
(SW)
チームマネジャー 北4階病棟 22名 12名 10名 4名 1.5名
南4階病棟 22名 12名 9名 4名 1.5名
北3階病棟 23名 13名 9名 4名 1.5名
南3階病棟 23名 12名 10名 4名 1.5名
北2階病棟 23名 12名 10名 4名 1.5名
南2階病棟 23名 13名 9名 5名 1.5名
(平成28年4月時点を想定しています。)

■多職種によるチームアプローチ

多職種によるチームの実際を紹介します。当院では33床の1病棟を1チームとしています。1フロアは2病棟つまり2チーム編成となっています。平成21年12月時点では2フロア4チームが業務を行っています。各チームにはチームマネジャーを1名置き、フロア配属の医師3名と連携しながら、約49名の多職種のメンバーを統括しています。

専門職の構成は、看護師が12名、ケアワーカー(介護福祉士)10名、理学療法士11名、作業療法士10名、言語聴覚士3.5名、ソーシャルワーカー(社会福祉士)1.5名、管理栄養士・薬剤師がフロアに1名の配属となっています。
看護師、理学療法士、言語聴覚士に関してはサブマネジャー、ケアワーカーにはサブマネジャー補佐がそれぞれ位置づけられ、リーダーとしての役割を担っています。

ページTOPへ戻る